いしわり 岩手をもっとおもしろく! 岩手発のクラウドファンディング

写真のチカラで住田の"水しぎ"を盛り上げたい!

by 一般社団法人 邑サポート

写真家 田頭真理子氏から、支援者の皆さまへのメッセージを預かっております。
どうぞご一読頂ければ幸いです。



「写真のチカラで住田の水しぎ”を盛り上げたい!」

岩手県気仙郡住田町で江戸時代から伝わる、火伏の祭り“水しぎ”は、そのむかし、ホームレスが一軒の家から火が出ていたのを鉄鍋を鳴らして知らせ、大火を免れたとの言い伝えから残る住田町独自の風習です。毎年1月24日には人々がぼろ着をまとい顔を塗り、今では様々な道化の仮装をして町を練り歩いています。 江戸時代、山中の宿場町であった世田米地区(住田町)は山から吹き下す強風によって、時に町全体を烈火が包み火事をひき起こし、冬になると、町の人は皆、大火を恐れていました。そんな火事を未然に防いだエピソードが町の風習となって今なお続いているのです。

 わたしはなぜこの奇妙な風習が200年以上もこの町だけに残っているのだろうと不思議に思いましたが、実際水しぎに参加して理解できました。化けて、歌って踊ることは、面白くて、非日常で、仲間や町の人が笑いながらできる行事だからです。大火は笑えることではなく深刻な問題で、災害にあうと、できたら思い出したくもないくらいに辛いことです。けれども、それを救った出来事をみんなで盛り上げて、人々の安全と幸せを願うものとして続けたことには何度もひどい災害に見舞われた先人たち故の強烈なメッセージが含まれているような気がしてなりません。

いま、この国は、地震、津波、火山、台風、豪雨、洪水と天災が次々起こり、窮地に陥っています。そんなときだからこそ、幾度とない災害を乗り越えてきた先人の残したこと、祭や儀式に込められた祈りの意味や想いに改めて向き合い、事の本質を解釈する努力をし、再度未来へ伝えていくことが必要なのではないかと切実に思っています。 水しぎだけではなく様々な地域で祭や風習は途絶えてしまう時期が間近に迫っています。 事実、住田町も過疎化が進み、どんどんこの水しぎに参加する人が減ってきています。 が同時に、移住者や、外から訪れた人でも参加できるような取り組みを行ない少しでも水しぎを盛り上げていこうとする動きもあります。 私も外から参加した一人ですが、私がこの奇祭を伝えることのできる手段は写真です。 住田独自のリズムで続く祭りや風習と日々の暮らしを、私なりの写真表現で現在制作をしています。 見に来てくださった方々に何かを感じてもらえるような展示にできればと思っています。

最後に、このクラウドファンディングは、住田町民や住田に関わる有志と一緒に行っています。一人でも多くの方に、水しぎを知ってもらい、水しぎや住田町がきっかけで、関係を広げていければ幸いです。そしてそのネットワークがよりよい未来をつくるエネルギーへとつながることを願っています。 ご協力よろしくお願いいたします。


田頭真理子

協力金額合計

¥410,000

目標金額:¥ 1,000,000

41%

残り
7
協力者数
43

このプロジェクトに協力する

2019/11/20 23:59までに目標金額に達すると"プロジェクト成立"となります。その後、ご協力頂いた金額の決済が実行され、実行者への資金提供、協力者へのリターンの提供が行われます。


¥3,000
感謝のメールと2020年1月24日"水しぎ"の活動報告メール
5人が支援中
限定数:限定なし
お届け予定日:2020年3月1日
¥5,000
・感謝のメールと2020年1月24日"水しぎ"の活動報告メール
・田頭真理子氏撮影住田オリジナルポストカード
23人が支援中
限定数:限定なし
お届け予定日:2020年3月1日
¥10,000
・感謝のメールと2020年1月24日"水しぎ"の活動報告メール
・田頭真理子氏撮影住田オリジナルポストカード
・オリジナルロゴ入りピンクのタオル(通常水しぎで使用)
10人が支援中
限定数:限定なし
お届け予定日:2020年3月1日
¥30,000
・感謝のメールと2020年1月24日"水しぎ"の活動報告メール
・田頭真理子氏撮影住田オリジナルポストカード
・オリジナルロゴ入りピンクのタオル(通常水しぎで使用)
・田頭真理子氏撮影の住田町フォトリーフレット
・奇祭「水しぎ」に触れるレセプションイベントご招待@キヤノンギャラリー銀座
6人が支援中
限定数:限定なし
お届け予定日:2020年3月31日
¥100,000
・感謝のメールと2020年1月24日"水しぎ"の活動報告メール
・田頭真理子氏撮影住田オリジナルポストカード
・オリジナルロゴ入りピンクのタオル(通常水しぎで使用)
・田頭真理子氏撮影の住田町フォトリーフレット
・奇祭「水しぎ」に触れるレセプションイベントご招待@キヤノンギャラリー銀座
・田頭真理子氏によるポートレート撮影(東京&住田町以外は交通費別途)
0人が支援中
限定数:残り5
お届け予定日:2020年3月31日