いしわり 岩手をもっとおもしろく! 岩手発のクラウドファンディング

岩手をもっとおもしろく! 岩手発のクラウドファンディング

リサイクル羽毛を用いた災害用寝具の制作
by やよいLiving 重泉

最新活動状況:2021.10.18 [40%達成。感謝の気持ち。] New!

challenge!
リサイクル羽毛を用いた災害用寝具の制作
by やよいLiving 重泉

協力者の声

がんばってください!応援します。

がんばってください!応援します。

被災地に暮らし、“誰かの手で”状況が少しでも良くなるのを待つばかりの日々だったあの時、被災地にいたからこそもっとできることがあったのではないか。そんな後悔の思いとともにこれからの日々を送るのではなく、未来志向でいまできることをしよう。このプロジェクト実現のために、一人でも多くのみなさまからのご支援を頂戴できれば幸いに存じます。




※2016年台風10号の被害に遭った岩泉町でのボランティアの様子。

東日本大震災以降も、地震や台風、土石流など様々な災害が発生し、避難所での生活を余儀なくされる方が多くいらっしゃいます。そうしたみなさまの姿を目にするたび思うのは、“寝具”のプロである私にできることは何かないか、ということ。避難所が少しでも安心して休める場所となるように、防災・減災につながる寝具の開発・提供を通して、睡眠領域での支援を行っていく。そのためにいま、私たちは動き始めました。






はじめまして、やよい Living の重泉と申します。
宮城県出身。ご縁があって2018年にやよいLivingに入社。現在はイオン前沢店の店長を務めさせていただき、「睡眠の質」を起点とした寝具の開発・販売と、資格を用いた入眠のお手伝いまで、お客様の安眠生活をサポートしています。

【資格取得】
・睡眠健康指導士上級
・睡眠環境・寝具指導士
・オーガニックコットン販売士
・アロマアドバイザー
・ハンドケアセラピスト




理由1:私の思い「被災地出身者として、いまできることを」

東日本大震災が発生した時、私は宮城県石巻市にある高校で部活動の最中でした。幸い母が高校の近くに勤めていたため、母とともに無事帰宅することができ、その後の津波被害はTVやラジオの情報で知りました。自分自身は学校等での避難生活を経験していない一方、友人たちから、学校での避難生活は、いつ家族と会えるかわからない不安、空腹や寒さに耐える日々だったという話を聞きました。
やよいリビングに就職してからの私は、睡眠と寝具についてたくさん勉強してきました。東日本大震災の発生から10年の節目に、これまでの経験や学びを活かし快適な災害用寝具の制作に取り組むこと。一人でも多くの人に、少しでも身体と心を温められるものを、そして不安な中でも安心して休める場所をお届けすることがいまの私の役目だと考えています。



理由2:会社の挑戦「エシカルウェアの開発プロジェクト」

私が勤めるやよいLivingもまた、東日本大震災の被災地企業の一つとして、多くのみなさまからの支援を力に、この10年の道のりを一歩ずつ歩んでまいりました。弊社では、この節目の時期に、ご支援いただいたみなさまへの感謝の気持ちの一つとして、岩手県内の様々な企業、そして才能あるアーティストたちとともに「エシカルウェアの開発」という大きなプロジェクトに挑戦しております。このプロジェクトに携わり、震災に対する自分自身の思いを深く掘り下げていくなかで、会社の意向としてではなく私発信として、勤務先からの支援のもと「災害用寝具の制作」に取り組む決意をし、災害用寝具を県内の避難所に寄付するために、クラウドファンディングに挑戦します。






羽毛は保温性・吸湿性に優れているので、夏はさらっと、冬は暖かく使用することができます。避難所の寝具は簡易的で、睡眠の質を高めるものではありません。今回私たちが制作する災害用寝具は、災害用でありながらも睡眠の観点から快適に眠れるものを、と考えました。

①「リサイクル羽毛を使用した寝袋」



サイズ:150㎝×210㎝
羽毛重量:500g
側生地:東洋紡アルファイン®ウォッシャブル

ボタンで留めれば寝袋として、広げればシングルサイズの羽毛ふとんとしてお使いいただけます。
ダニやほこりを一切通さず、洗える生地を使用しているので清潔にお使いただけます。






※着用イメージ


②「リサイクル羽毛を使用したハーフブランケット」




サイズ:150㎝×75㎝
羽毛重量:150g
側生地:東洋紡アルファイン®ウォッシャブル

ボタンをつけることで肩から掛けたり、腰に巻いて使用できます。
ダニやほこりを一切通さず、洗える生地を使用しているので清潔にお使いただけます。






※着用イメージ


「お届けについて」
寄付用の寝袋・ハーフブランケットに関しては、防湿シールドバックに入れ各避難所様にお届けさせていただきます。
ご家庭用は専用のケースに入れてお届けとなります。




今回制作する災害用寝具には、
「古くなった、使わなくなった羽毛布団・ダウンジャケット」
を回収し、使用させていただきます。

※サイズ制限はありません(シングル、セミダブル、ダブル、クイーン)
※穴が開いている、汚れていても大丈夫です
※ダウン率は80%以上です。表示が消えていてご心配な方はお問い合わせください。








―南アルプス「山梨白州」の水の特徴―
標高2967メートル甲斐駒ヶ岳に降った雪や雨は、花崗岩層(かこうがんそう)を長い年月をかけて通り抜け、美しい天然水になります。この軟水は非常に柔らかく、洗浄に適しています。

―洗浄度(透視度)について―
リサイクル羽毛といってもやよいLivingではその品質を厳しくチェックしています。
精製加工後の羽毛3gを300ccの純水に入れ、1分間に150回振とうさせる作業を45分間繰り返し、その水を細長い透視度計に入れ、水の透明度を計測する清浄度検査(JIS L 1903)を実施。
JIS規格平均値1000㎜に対し、やよいLivingで洗浄したリサイクル羽毛は“無洗剤で2000㎜”という約2倍の洗浄度を達成しています。
南アルプスの天然水をたっぷり使用し洗うことで、新しい羽毛よりきれいで、保温性に優れた高品質の羽毛に生まれ変わります。

羽毛ふとん・ダウンジャケットのご寄付にご協力いただける方はこちらからご連絡をお願いいたします。

寄付お問い合わせフォーム




親から子、孫へ、打ち直してふとんを受け継いでいく暮らし=「100年寝具」 をめざし、ふとんのリフォーム・打ち直し事業を拡大、良いものを長く使う取り組みに力を入れています。



「古くなったから捨てる」のではなく、使える資源を再利用して新しく「お仕立て直しをする」ことがつくる側、つかう側の責任だと考えます。
こうした取り組みを通して、ごみの減量化(※)や限りある資源の保護、良質な羽毛の安定供給、さらにはCO2の削減などに貢献してまいります。

※ごみとしてのふとん
平成23年から平成29年まで東京都の粗大ごみはの1位が「ふとん」です。廃棄されたふとんの総面積は東京ドーム280個分に相当(東京都23区/1年間)。その量は年間で100万枚にものぼり、大きな問題となっています。


弊社では2011年~2020年までの10年間
約13,000枚の羽毛ふとんをリフォーム
約20,000枚の綿ふとんをリメイク
これにより削減したCO2の量は
約1000t

今後も限りある資源のリサイクルに力を入れ、循環型社会の実現を目指していきます。




1寝具for1ワクチン
やよいLivingは「世界の子どもにワクチンを」活動を支援しております。2021年3月現在、DPTワクチン14,000本の寄付となりました。
「皆様との出会い、人とのつながり、そして絆を心から大切にし、真実のサービス、ものづくりを通して大事な人たちの思いも伝える」という弊社企業理念のもとに、国境を越えて、次世代を担う子どもたちのための役に立ちたいとの思いから、この支援活動に取り組んでおります。
今回のプロジェクトでは、寝袋1枚につき、DPTワクチン1本分の寄付に変えさせていただきます。
※DPTワクチン:ジフテリア、百日咳、そして破傷風の発症を予防します



世界の子どもにワクチンを




目標金額 600,000円
返礼品  240,000円
寄付品  240,000円
クラウドファンディング手数料 120,000円

寄付先:大槌町防災対策課
寄付品:寝袋10枚、ハーフブランケット10枚

最初の寄付先として、東日本大震災で大きな被害を受けた大槌町にお声をかけさせていただきました。
今後各市町村の災害用寝具の状況を確認し、寝具が不足している市町村への寄付を行っていきます。
情報につきましては弊社HP、いしわりの活動情報にて随時お知らせしていきます。




3,000円:手づくり和さらしガーゼマスク2枚入1セット
8,000円:リサイクル羽毛を使用したネックウォーマー1枚
10,000円:リサイクル羽毛を使用したマフラー1枚
30,000円:リサイクル羽毛を使用したハーフブランケット1枚
60,000円:リサイクル羽毛を使用した寝袋1枚
90,000円:リサイクル羽毛を使用したネックウォーマーorマフラー1枚・ハーフブランケット1枚・寝袋1枚
※すべてのリターンにお礼の手紙が付きます

―30,000円以上のリターンについて―
・お選びいただいたリターンと同じ災害用寝具が避難所に寄付されます。
・寄贈の際お名前を掲載させていただきます。(ご希望される方)




2021.9.27  クラウドファンディング開始
2021.11.14  クラウドファンディング終了
2021.12.15  順次返礼品の発送

各市町村の災害用寝具の状況を確認し、岩手県内の避難所に十分な災害用寝具が行き届くまで、プロジェクト終了後も弊社HPにてこの取り組みを続けていきます。




株式会社やよいディライト やよいLiving
2004年3月設立
代表取締役 青野恵司

住所:020-0862 岩手県盛岡市東仙北2丁目14-28
TEL:019-681-7878

事業内容
<法人様向け寝具の製造>
ホテル様や旅館様、一般病院等のオリジナルの寝具を提案、製造をしております。
近年各施設様ごとの寝具等での差別化をはかる動きが活発化してきており、少ない組数からも柔軟に対応できる形を整えております。

<個人のお客様のオリジナル寝具製造・リフォーム>
一般のお客様の様々な想いの詰まった寝具を一点一点原料の洗いから生地の裁断、縫製、加工までやっております。また枕等もお客様一人一人の身体の特長を測らせていただき一点物のオリジナルMy枕も造っております。




やよいLivingイオン前沢店
〒028-0541
岩手県奥州市前沢向田2丁目85-2F
TEL:0197-47-5475
mail:yayoi-maesawa@gol.com
Instagram:人と環境に優しいふとんづくり やよいLiving

※古くなったおふとんの回収も随時行っていきます

実行者について

やよいLiving 重泉

やよい Living イオン前沢店、店長3年目、宮城県出身。
「睡眠の質」を起点とした寝具の開発・販売と、資格を用いた入眠のお手伝いまで、お客様の安眠生活をサポートしています。

協力金額合計
¥243,000
目標金額
¥600,000
40%
残り時間アイコン 残り
27
協力者数アイコン 協力者数
16
このプロジェクトに協力する

目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。
支援募集は2021年11月14日(日) 20:41までです。

被災地に暮らし、“誰かの手で”状況が少しでも良くなるのを待つばかりの日々だったあの時、被災地にいたからこそもっとできることがあったのではないか。そんな後悔の思いとともにこれからの日々を送るのではなく、未来志向でいまできることをしよう。このプロジェクト実現のために、一人でも多くのみなさまからのご支援を頂戴できれば幸いに存じます。




※2016年台風10号の被害に遭った岩泉町でのボランティアの様子。

東日本大震災以降も、地震や台風、土石流など様々な災害が発生し、避難所での生活を余儀なくされる方が多くいらっしゃいます。そうしたみなさまの姿を目にするたび思うのは、“寝具”のプロである私にできることは何かないか、ということ。避難所が少しでも安心して休める場所となるように、防災・減災につながる寝具の開発・提供を通して、睡眠領域での支援を行っていく。そのためにいま、私たちは動き始めました。






はじめまして、やよい Living の重泉と申します。
宮城県出身。ご縁があって2018年にやよいLivingに入社。現在はイオン前沢店の店長を務めさせていただき、「睡眠の質」を起点とした寝具の開発・販売と、資格を用いた入眠のお手伝いまで、お客様の安眠生活をサポートしています。

【資格取得】
・睡眠健康指導士上級
・睡眠環境・寝具指導士
・オーガニックコットン販売士
・アロマアドバイザー
・ハンドケアセラピスト




理由1:私の思い「被災地出身者として、いまできることを」

東日本大震災が発生した時、私は宮城県石巻市にある高校で部活動の最中でした。幸い母が高校の近くに勤めていたため、母とともに無事帰宅することができ、その後の津波被害はTVやラジオの情報で知りました。自分自身は学校等での避難生活を経験していない一方、友人たちから、学校での避難生活は、いつ家族と会えるかわからない不安、空腹や寒さに耐える日々だったという話を聞きました。
やよいリビングに就職してからの私は、睡眠と寝具についてたくさん勉強してきました。東日本大震災の発生から10年の節目に、これまでの経験や学びを活かし快適な災害用寝具の制作に取り組むこと。一人でも多くの人に、少しでも身体と心を温められるものを、そして不安な中でも安心して休める場所をお届けすることがいまの私の役目だと考えています。



理由2:会社の挑戦「エシカルウェアの開発プロジェクト」

私が勤めるやよいLivingもまた、東日本大震災の被災地企業の一つとして、多くのみなさまからの支援を力に、この10年の道のりを一歩ずつ歩んでまいりました。弊社では、この節目の時期に、ご支援いただいたみなさまへの感謝の気持ちの一つとして、岩手県内の様々な企業、そして才能あるアーティストたちとともに「エシカルウェアの開発」という大きなプロジェクトに挑戦しております。このプロジェクトに携わり、震災に対する自分自身の思いを深く掘り下げていくなかで、会社の意向としてではなく私発信として、勤務先からの支援のもと「災害用寝具の制作」に取り組む決意をし、災害用寝具を県内の避難所に寄付するために、クラウドファンディングに挑戦します。






羽毛は保温性・吸湿性に優れているので、夏はさらっと、冬は暖かく使用することができます。避難所の寝具は簡易的で、睡眠の質を高めるものではありません。今回私たちが制作する災害用寝具は、災害用でありながらも睡眠の観点から快適に眠れるものを、と考えました。

①「リサイクル羽毛を使用した寝袋」



サイズ:150㎝×210㎝
羽毛重量:500g
側生地:東洋紡アルファイン®ウォッシャブル

ボタンで留めれば寝袋として、広げればシングルサイズの羽毛ふとんとしてお使いいただけます。
ダニやほこりを一切通さず、洗える生地を使用しているので清潔にお使いただけます。






※着用イメージ


②「リサイクル羽毛を使用したハーフブランケット」




サイズ:150㎝×75㎝
羽毛重量:150g
側生地:東洋紡アルファイン®ウォッシャブル

ボタンをつけることで肩から掛けたり、腰に巻いて使用できます。
ダニやほこりを一切通さず、洗える生地を使用しているので清潔にお使いただけます。






※着用イメージ


「お届けについて」
寄付用の寝袋・ハーフブランケットに関しては、防湿シールドバックに入れ各避難所様にお届けさせていただきます。
ご家庭用は専用のケースに入れてお届けとなります。




今回制作する災害用寝具には、
「古くなった、使わなくなった羽毛布団・ダウンジャケット」
を回収し、使用させていただきます。

※サイズ制限はありません(シングル、セミダブル、ダブル、クイーン)
※穴が開いている、汚れていても大丈夫です
※ダウン率は80%以上です。表示が消えていてご心配な方はお問い合わせください。








―南アルプス「山梨白州」の水の特徴―
標高2967メートル甲斐駒ヶ岳に降った雪や雨は、花崗岩層(かこうがんそう)を長い年月をかけて通り抜け、美しい天然水になります。この軟水は非常に柔らかく、洗浄に適しています。

―洗浄度(透視度)について―
リサイクル羽毛といってもやよいLivingではその品質を厳しくチェックしています。
精製加工後の羽毛3gを300ccの純水に入れ、1分間に150回振とうさせる作業を45分間繰り返し、その水を細長い透視度計に入れ、水の透明度を計測する清浄度検査(JIS L 1903)を実施。
JIS規格平均値1000㎜に対し、やよいLivingで洗浄したリサイクル羽毛は“無洗剤で2000㎜”という約2倍の洗浄度を達成しています。
南アルプスの天然水をたっぷり使用し洗うことで、新しい羽毛よりきれいで、保温性に優れた高品質の羽毛に生まれ変わります。

羽毛ふとん・ダウンジャケットのご寄付にご協力いただける方はこちらからご連絡をお願いいたします。

寄付お問い合わせフォーム




親から子、孫へ、打ち直してふとんを受け継いでいく暮らし=「100年寝具」 をめざし、ふとんのリフォーム・打ち直し事業を拡大、良いものを長く使う取り組みに力を入れています。



「古くなったから捨てる」のではなく、使える資源を再利用して新しく「お仕立て直しをする」ことがつくる側、つかう側の責任だと考えます。
こうした取り組みを通して、ごみの減量化(※)や限りある資源の保護、良質な羽毛の安定供給、さらにはCO2の削減などに貢献してまいります。

※ごみとしてのふとん
平成23年から平成29年まで東京都の粗大ごみはの1位が「ふとん」です。廃棄されたふとんの総面積は東京ドーム280個分に相当(東京都23区/1年間)。その量は年間で100万枚にものぼり、大きな問題となっています。


弊社では2011年~2020年までの10年間
約13,000枚の羽毛ふとんをリフォーム
約20,000枚の綿ふとんをリメイク
これにより削減したCO2の量は
約1000t

今後も限りある資源のリサイクルに力を入れ、循環型社会の実現を目指していきます。




1寝具for1ワクチン
やよいLivingは「世界の子どもにワクチンを」活動を支援しております。2021年3月現在、DPTワクチン14,000本の寄付となりました。
「皆様との出会い、人とのつながり、そして絆を心から大切にし、真実のサービス、ものづくりを通して大事な人たちの思いも伝える」という弊社企業理念のもとに、国境を越えて、次世代を担う子どもたちのための役に立ちたいとの思いから、この支援活動に取り組んでおります。
今回のプロジェクトでは、寝袋1枚につき、DPTワクチン1本分の寄付に変えさせていただきます。
※DPTワクチン:ジフテリア、百日咳、そして破傷風の発症を予防します



世界の子どもにワクチンを




目標金額 600,000円
返礼品  240,000円
寄付品  240,000円
クラウドファンディング手数料 120,000円

寄付先:大槌町防災対策課
寄付品:寝袋10枚、ハーフブランケット10枚

最初の寄付先として、東日本大震災で大きな被害を受けた大槌町にお声をかけさせていただきました。
今後各市町村の災害用寝具の状況を確認し、寝具が不足している市町村への寄付を行っていきます。
情報につきましては弊社HP、いしわりの活動情報にて随時お知らせしていきます。




3,000円:手づくり和さらしガーゼマスク2枚入1セット
8,000円:リサイクル羽毛を使用したネックウォーマー1枚
10,000円:リサイクル羽毛を使用したマフラー1枚
30,000円:リサイクル羽毛を使用したハーフブランケット1枚
60,000円:リサイクル羽毛を使用した寝袋1枚
90,000円:リサイクル羽毛を使用したネックウォーマーorマフラー1枚・ハーフブランケット1枚・寝袋1枚
※すべてのリターンにお礼の手紙が付きます

―30,000円以上のリターンについて―
・お選びいただいたリターンと同じ災害用寝具が避難所に寄付されます。
・寄贈の際お名前を掲載させていただきます。(ご希望される方)




2021.9.27  クラウドファンディング開始
2021.11.14  クラウドファンディング終了
2021.12.15  順次返礼品の発送

各市町村の災害用寝具の状況を確認し、岩手県内の避難所に十分な災害用寝具が行き届くまで、プロジェクト終了後も弊社HPにてこの取り組みを続けていきます。




株式会社やよいディライト やよいLiving
2004年3月設立
代表取締役 青野恵司

住所:020-0862 岩手県盛岡市東仙北2丁目14-28
TEL:019-681-7878

事業内容
<法人様向け寝具の製造>
ホテル様や旅館様、一般病院等のオリジナルの寝具を提案、製造をしております。
近年各施設様ごとの寝具等での差別化をはかる動きが活発化してきており、少ない組数からも柔軟に対応できる形を整えております。

<個人のお客様のオリジナル寝具製造・リフォーム>
一般のお客様の様々な想いの詰まった寝具を一点一点原料の洗いから生地の裁断、縫製、加工までやっております。また枕等もお客様一人一人の身体の特長を測らせていただき一点物のオリジナルMy枕も造っております。




やよいLivingイオン前沢店
〒028-0541
岩手県奥州市前沢向田2丁目85-2F
TEL:0197-47-5475
mail:yayoi-maesawa@gol.com
Instagram:人と環境に優しいふとんづくり やよいLiving

※古くなったおふとんの回収も随時行っていきます

実行者について

やよいLiving 重泉

やよい Living イオン前沢店、店長3年目、宮城県出身。
「睡眠の質」を起点とした寝具の開発・販売と、資格を用いた入眠のお手伝いまで、お客様の安眠生活をサポートしています。

リターン一覧

¥3,000
①お礼の手紙
②手づくり和さらし
 ガーゼマスク2枚入1セット

こちらのマスクは肌触りの良い和さらしガーゼを使用し、縫製の職人が一枚一枚丁寧にお仕立てしております。
コットン100%ですので着用時適度に保湿もしてくれるためとっても快適です。
5人が支援中
限定数:限定なし
お届け予定日:2021.12.15
¥8,000
①お礼の手紙
②リサイクル羽毛を使用した
 オリジナルネックウォーマー1枚

サイズ:64cm×15cm
羽毛重量:20g
側生地:東洋紡アルファイン®ウォッシャブル

ダウンを使用しておりますので、圧倒的な暖かさと軽さが首元を包み込みます。
6人が支援中
限定数:限定なし
お届け予定日:2021.12.15
¥10,000
①お礼の手紙
②リサイクル羽毛を使用したマフラー1枚

サイズ:118cm×15cm
羽毛重量:20g
側生地:東洋紡アルファイン®ウォッシャブル

肩の負担がかかりやすいマフラーですが、ダウンを使用することで暖かさと軽さを両立させました。
3人が支援中
限定数:限定なし
お届け予定日:2021.12.15
¥30,000
①お礼の手紙
②リサイクル羽毛を使用したハーフブランケット1枚

サイズ:150cm×75cm
羽毛重量:150g
側生地:東洋紡アルファイン®ウォッシャブル

今回のプロジェクトで製作したハーフブランケットをお送りさせていただきます。ボタンがついているので、肩にかけたり腰に巻いたり使い方は様々。普段使い◎ キャンプ◎ 災害用◎ ご自身に合った用途でお使いください。 ※写真はイメージです
こちらのリターンをお選びいただくと、避難所にハーフブランケット1枚が寄付されます。
0人が支援中
限定数:限定なし
お届け予定日:2021.12.15
¥60,000
①お礼の手紙
②リサイクル羽毛を使用した寝袋1枚

サイズ:150cm×210cm
羽毛重量:500g
側生地:東洋紡アルファイン®ウォッシャブル

今回のプロジェクトで製作した寝袋をお送りさせていただきます。広げればシングルサイズの羽毛肌掛けになります。普段使い◎ キャンプ◎ 災害用◎ ご自身に合った用途でお使いください。 ※写真はイメージです
こちらのリターンをお選びいただくと、避難所に寝袋1枚が寄付されます。
1人が支援中
限定数:限定なし
お届け予定日:2021.12.15
¥90,000
①お礼の手紙
②リサイクル羽毛を使用したネックウォーマーorマフラー1枚・ハーフブランケット1枚・寝袋1枚

今回製作する製品のセットです。
※ネックウォーマーかマフラーはリターンをお選び後の質問でお答えください。

こちらのリターンをお選びいただくと、避難所にハーフブランケット1枚、寝袋1枚が寄付されます。
1人が支援中
限定数:限定なし
お届け予定日:2021.12.15
ページ
トップへ