いしわり 岩手をもっとおもしろく! 岩手発のクラウドファンディング

IT寺子屋で、子どもたちと地域の未来を広げたい!

by IT寺子屋実行委員会

success


協力者の声

「岩手でこんなことが出来るんだ!」と大人も子供もワクワクする取り組みだと思います。応援しています!

「岩手でこんなことが出来るんだ!」と大人も子供もワクワクする取り組みだと思います。応援しています!

ITは、人を幸せにする。
子どもたちと地域の未来を、IT寺子屋で広げたい!

”IT”の知識があればどこにいても仕事ができ、アイディアを形にすることがより身近になってきた時代です。また、交通の不便さも気にすることなく、地方を盛り上げ、産業を生み出していくことも可能だと思っています。しかし、地方の子どもたちにとって"IT"は、まだまだ触れる、学ぶきっかけは多くありません。
可能性に満ち溢れた”IT”の楽しさや、人をより幸せにするためのものであることを、自らの体験を通して知ってほしいという思いでこのプロジェクトを立ち上げました。

【概要】
IT寺子屋は、ITを思いっきり遊んで学ぶ体験を提供します。
IT寺子屋では、岩手県内の小中高生を対象に、ITを遊んで学べるイベントを継続して開催していきたいと考えています。また、保護者の方もお子さんと一緒に参加できるイベント内容を中心に計画しています。
例えば、IT寺子屋は、
・普段遊ぶゲーム機のようにパソコンに触れる環境がある
・世界に一つだけの動画を自分で作ってみる
・勉強したプログラミングが将来の仕事になる
こんなITを身近に感じることが出来るきっかけを、IT寺子屋が作れたら良いなと思っています。

具体的には、以下のイベントを予定しています。

1 春の思い出スライドショーを作ろう!

対象:小学4~6年生くらい
時期:4月下旬
場所:盛岡市近郊
概要:桜の季節、親子で街歩き。盛岡の自然や町並み、史跡を歩いてまわり、写真を撮ってきてもらいます。お昼を食べたら集合して、スライドショー作り。子どもたちがそれぞれ家族のリーダーとなり、作成をします。もちろんIT寺子屋スタッフが作成をサポートします。完成したら、発表会。自分で作成スライドショーは、DVDでお持ち帰りいただけます。

2 AR(拡張現実)って何? AR(拡張現実)で宝探しゲーム!
対象:小学生
時期:8月上旬
場所:盛岡市近郊
概要:AR(拡張現実)をわかりやすく解説。AR(拡張現実)を使った宝探しゲームで楽しくITを体験します。

3 話題の技術! 3Dプリンターでモノづくり体験
対象:小学生・中学生
時期:10月下旬
場所:盛岡市近郊
概要:今話題の3Dプリンターを体験します。自分だけの模型を作ってみよう!

4 将来はゲーム開発者!? はじめてのプログラミング講座
対象:中学生・高校生
時期:1月下旬
場所:盛岡市近郊
概要:日本で活躍する外部講師をお招きして、プログラミング講座を開催予定。

※ 予定は天候、講師の都合等により変更する場合がございます。どうかご了承ください。

【背景】
IT寺子屋で、挑戦するためのきっかけづくりをしたい。

私自身が挑戦するチャンスをもらったように、今度は自分が次の世代へ、チャレンジできる環境をつくる番だと思っています。
元々モノづくりが好きで、工業高校に進学。しかし想像していた内容とは違い、学校の授業には満足していませんでした。そんなとき、震災後に私の地元(宮城県石巻市)で若者が地元に居続けられる環境づくりとして、ITでの教育活動をしている方に出会いました。その方は、自分がやりたい!と本気で言ったことに対しては背中を後押しし、環境や踏み出すきっかけを与えてくれました。それからは、自分の本当にしたいことへ取り組む勇気がつきました。大学に進学してからも当時の気持ちは忘れられません。次第に、私自身が挑戦するチャンスをもらったように、今度は自分が次の世代へ、チャレンジ出来る環境づくりをしたいと思うようになりました。

ITで人を幸せにすること。
私は高校3年生の時に、初めてスマートフォンのアプリを作りました。そのアプリは、画面に箱ティッシュが表示されていて、そのティッシュを箱から永遠に取り続けるという、いわゆる「クソゲー」でした。世に出ているゲームとは比べ物にならないくらいの低クオリティーでしたが、それでも友人たちや周りの大人たちが笑顔になって遊んでいるのを見て、純粋に作ったものが評価されたことが嬉しく、モノづくりが人を笑顔にすることを身をもって経験することが出来ました。



【達成後の岩手は、どう変わる?】
IT寺子屋への参加を通じて、『ITってかっこいい!楽しい!』と感じてもらい、子どもたちに新しいことへ挑戦することへの勇気と自信をつけてもらえると思います。その過程で、家族との時間も大切にしてもらえるようなイベントにしていきたいです。また、IT寺子屋をきっかけに、地方の子どもたちの職業選択肢の1つとしてITが挙げられるようになればとても嬉しいです。将来的にはITを学んだ子どもたちが岩手に戻ってきて、地方に仕事が増え出したら、岩手が盛り上がる・地方が成長する1つの大きな要素になると思います。もし、将来ITの専門職に就かなくても、ここ(IT寺子屋)で学んだことを活かして、誰かを幸せにしてもらえれば嬉しい限りです。

【ご協力いただいた資金の使い道】
今回いただいたご協力は、1年間IT寺子屋を開催していく費用として、外部講師をお呼びしたり、企画中の3Dプリンターイベント等の費用に充てさせていただきます。目標金額を超えるご協力をいただいた場合は、IT寺子屋を継続して実施していくため、IT寺子屋をさらに発展させていくために大切に使わせていただきたいと思います。

【ご協力いただいた方へのお返し】
ご協力いただいた方には、金額に応じてお返しをご用意しています。
・お礼のお手紙
・IT寺子屋ステッカー
・IT寺子屋オリジナルTシャツ
 (イメージ)

・IT寺子屋特製USBメモリ
 (イメージ)

・IT寺子屋参加券
 IT寺子屋イベントに無料で参加することができます!
・IT寺子屋参加プレゼント券
 岩手の子どもたちを無料でイベントに参加させてあげたい!という方はこちら
・IT寺子屋イベント開催券
・IT寺子屋報告会兼交流会
 岩手の熱い若者たちと、岩手とITについて熱く語らう会です!

※ IT寺子屋で開催するイベントへの参加は本来有料ですが、参加券を持っている方は無料で参加できます


【協力者のみなさんと一緒にしたいこと】
一緒にIT寺子屋を作ってくださる方を募集しています。
今回ご協力いただいた方の中で、もし、IT寺子屋の継続のためにご協力くださる方がいれば、ぜひIT寺子屋の継続について一緒に考えていただければ嬉しく思います。FBページで情報を発信していきます。そちらのほうもぜひご覧いただければと思います。
IT寺子屋FBページ :https://www.facebook.com/iwate.it.terakoya

【実行者の想い】

IT寺子屋実行委員会代表:遠藤拓也
ITの可能性を子どもたちに届けたいです。また、東日本大震災という困難を経験してきた岩手だからこそ、地方を盛り上げよう、復興に向けて力を合わせよう、という人たちの勢いがあります。そんな土地でこれからの時代を担う子どもたちに対して何か少しでも力になれないかと思い、このプロジェクトを立ち上げました。このスタートアップに、皆さんのお力を貸していただければ幸いです。

実行者について

IT寺子屋実行委員会

ITで思いっきり遊んで学ぶ場づくりを通して、子どもたちと地域とITの未来をつくるIT寺子屋を実現するための実行委員会です。
IT寺子屋FBページ:https://www.facebook.com/iwate.it.terakoya

IT寺子屋実行委員会代表:遠藤拓也
代表プロフィール:幼いころからモノづくりに興味があり、あるドラマで影響を受けたプログラミングに惹かれ、高校3年生でAndroidのアプリを開発し、リリース。その後、ITに関わりたいと思い、岩手県立大学ソフトウェア情報学部に入学。ITと教育を通じて、被災地の復興やITの中心地を日本全土へ拡大したい!という目標を持って活動中。

このプロジェクトに協力する

協力金額合計

¥506,000

目標金額:¥ 370,000

136%

残り
終了
協力者数
42

このプロジェクトに協力する

2015/05/11 00:00:00にプロジェクトが成立しました。


¥1,000

お礼のお手紙

6人が支援中

限定数 残り: 限定なし

お届け予定日:2015年5月中旬

¥3,000

●お礼のお手紙
●オリジナルステッカー
●IT寺子屋1回参加券もしくはIT寺子屋1回参加招待券
※招待券は、IT寺子屋に参加したい岩手の子どもを、抽選で無料招待することができます。

10人が支援中

限定数 残り: 限定なし

お届け予定日:2015年8月中旬(参加券は5月中旬にメールで送付いたします。)